お知らせ

デグーの胃拡張・イレウス

2016.11.30 -[その他デグーの診療記録飼い主様お役立ち情報

こんにちは、井本稲毛動物クリニックです。

 

今回紹介する症例は、数日前から体調が悪いという理由で連れてこられたデグーマウスの男の子(約2歳)です。

体重を測ってみると、体重わずか100g…。全体的に骨ばっていてかなり痩せていました。

完全に横たわり、体も冷たくなっています。

 

img_6537

 

お腹も膨らみ、呼吸も荒い。

急いでレントゲンを撮影します。

 

%e3%83%87%e3%82%b0%e3%83%bc%e8%83%83%e6%8b%a1%e5%bc%b5lat

 

%e3%83%87%e3%82%b0%e3%83%bc%e8%83%83%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e3%80%80vd

 

胃だけでなく、腸もガスだらけです。

これは緊急事態ですので急遽、無理やり口の中から胃へ届くチューブを挿れて胃の中のガスを抜きました。

その後は保温、点滴、胃腸薬、抗生剤などを用いて治療にあたります。

 

デグーなどの草食性の小型げっ歯類では、様々な原因で腸の異常発酵が起こってガスが貯留します。

そうなると胃腸の動きが止まり、脱水を起こしてさらにまた胃腸の動きが悪くなる…といった悪循環が始まるため、できるだけ早くに異常に気付いてあげる必要があります。

そして少しでもおかしいな、と思ったら早めに動物病院へ連れていってあげてください。

 

 

井本稲毛動物クリニック

井本 暁

 

このページに記載されました内容および写真は無断転写・転用をお断りします。
著作権は井本稲毛動物クリニックまたは情報提供者に属します。

地図を表示 ▶