お知らせ

ウサギの不正咬合

2017.12.6 -[その他ウサギの診療記録飼い主様お役立ち情報

すっかり陽が短くなってきました、空気が冷たくなってきますので暖かくお過ごし下さいね、

こんばんは、井本稲毛動物クリニックです。

 

今回ご紹介するのはウサギの「歯の病気」です。

ところで、ウサギの歯は一生伸び続けるということをご存知でしょうか?

彼らは前歯で硬い草や木の皮などをかじって、奥歯ですり潰して食餌をします。

もともと粗食に耐えるよう進化してきたのですね。

 

ところが、昨今のウサギさんの食餌事情はというと…ラビットフードばかり食べて牧草をあまり食べてくれない子が多いです。それだけならまだしも、ドライフルーツやクッキーなどのオヤツばかり与えられている子も見かけます。

ラビットフードもオヤツも、あまり噛まずに飲み込むことができます。

柔らかいものばかり食べて噛むための奥歯が使われずにいると、どんどん間違った方向へ伸びてしまうのです。

 

IMG_6598

この写真は、間違った方向に伸びてしまった結果奥歯にトゲができてしまい、

なんと伸びすぎた奥歯がベロに刺さってしまった子の写真です。これは痛い…

口から大量出血と食欲不振が理由で来院されました。

 

特殊な器具でウサギの歯を切ってトゲをなくしてあげると、食欲はすぐに戻ってくれました。

血液検査で見られた出血による貧血も、その後の再診では認められなくなり、経過は良好です。

 

もともと草を食べるために進化してきた生き物ですから、

柔らかいものばかり食べて起こる歯の病気は「生活習慣病」と言い換えても構わないと思います。

 

IMG_8232

 

ウサギには草をたくさん食べさせてくださいね。

ウサギの健康長寿の秘訣はなんといっても草ですから。

もちろん、チンチラ、モルモット、デグーなどの小型げっ歯類でも同様のことが言えます。

 

井本稲毛動物クリニック

井本 暁

 

このページに記載されました内容および写真は無断転写・転用をお断りします。
著作権は井本稲毛動物クリニックまたは情報提供者に属します。

地図を表示 ▶