当院では一般的な西洋医学はもちろん、犬猫においては個々の症例に応じて鍼治療や漢方薬の処方といった東洋医学、その他代替療法を提案する統合獣医療をおこなっております。 また、犬猫では手作り食の応援も致しますので実践されておられる方、これから始めたいと思っておられる方も是非ご相談ください。

診療方針

当院の理念

当院では来院される皆様の価値観を大切にし、そのうえでオーナー様と動物たちそれぞれに最適で納得できる選択肢を提案していきます。

目指すのは常に「いい仕事」。 私たちが考える「いい仕事」とは次の通りです。 「来院される皆様が安心してくれること、喜んでくれること」 「オーナー様と協力して動物たちの病気や苦痛を取り除き、健康を守り、そして維持すること」 「人と動物との豊かな暮らしをお手伝いすること」 これらを実践するためにはどうすればいいのかを私たちは常に考え、行動し、そして学び続けます。

わたしたち動物病院が考える獣医学的に正しい「最良の選択」とオーナー様にとっての「最良の選択」にはズレがあります。そのズレを解消するために当院ではオーナー様との対話を重要視し、納得のいく丁寧な説明を心がけて検査、治療を提案するとともに、オーナー様の希望によって「より良い選択」を提案していきます。

診療内容

診療内容

内科治療、外科治療、健康診断、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ予防、避妊・去勢手術などの予防診療。犬猫の手作り食支援。難治性疾患や腫瘍性疾患、高齢動物では副作用の少ない鍼治療、漢方薬の処方などの東洋医学や代替療法。診療対象動物の食事指導。 CT・MRI等の高度獣医療や、より専門性を要する症例におきましては必要に応じて二次診療施設や他院の紹介をおこなうことでオーナー様と大切なパートナーである動物にとって最適な獣医療を提供できるよう努めてまいります。

診療対象動物

犬、猫、ウサギ、フェレット、ハリネズミ、小型鳥類(セキセイインコ、オカメインコ、文鳥など)、小型げっ歯類(ハムスター、モルモット、チンチラなど) ※両生類、爬虫類、魚類、霊長類の診療はおこなっておりません。

上記に記載のない動物についてはご相談ください

初めての方へ

当院はさまざまな動物がオーナー様と来院されるクリニックです。お越しの際は動物たちにリードの装着、ケージやキャリーでの来院をお願い致します。また、患者動物の重傷度や検査の内容などによっては順番が前後することがございます。あらかじめ御了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。 また、小型鳥類の診療希望の方は普段使いのケージを掃除せずにそのままご来院ください。普段使いのケージでのご来院が難しければ移動用ケージの底に敷紙を敷いた状態でお越しくださいますようお願い致します。

お支払いは現金もしくは各社クレジットカードのご利用が可能です。

診療料金

当院では狂犬病予防接種後の登録手続きを代行致しております(千葉市在住の方のみ)。代行を希望される方は上記の注射料のほかに注射済票交付手数料¥550と、初回の方は登録手数料¥3,000が別途必要ですが、これらは行政にお支払いする費用です。 既に登録済みの方で代行を希望される場合はお手持ちの鑑札に記載されている番号を受付でお伝えください。上記注射料(¥2,950)に加えて¥550と診察料が必要です。

料金表

各種ワクチンの費用

狂犬病予防注射料 2,950(税込)
5種混合 8,000
7種混合 9,000
子犬用(2種混合) 5,000
レプトスピラ 2,000
3種混合 6,000
5種混合 7,000
フェレット 2種混合 5,000

料金はすべて税別です(単位:円)

手術

去勢手術 25,000〜
18,000〜
ウサギ 20,000〜
避妊手術 35,000〜
26,000〜
ウサギ 30,000〜
歯石除去(スケーリング) 15,000〜

料金はすべて税別です(単位:円)

二次診療について

MRI検査やCT検査、心臓外科や脳神経外科、放射線治療などの高度獣医療をご希望の方は大学病院及び専門施設への紹介をおこなっております。

地図を表示 ▶